八百万姦~異界で処女を競り落とされて

「八百万姦~異界で処女を競り落とされて」あらすじの紹介

 

大学の長い夏休みを利用して、
従姉が住む田舎に遊びに来た
主人公の友里恵。

 

遊び慣れた裏山で
小さな従姉の女の子とボール遊び。

 

昔を思い出しながら
ついつい夢中になって、
勢い良く飛んでいってしまったボール。

 

「あれ~?どこかな~・・・」

 

ボールを探しているうちに、
いつの間にか山の奥まで登ってきてしまっていました。

 

 

「ねぇ?」

 

 

「これ、アナタのでしょう?」

 

 

「えっ?だ、誰っ?」

 

「ここに来る途中、誰にも会ってないのに・・・」

 

 

「こんな場所に人なんているはずがない!」

 

 

 

ゆっくり振り向いて、
声がした方を見てみると、

美しい着物を来た少女が1人、立っていました。

 

少女の手には失くしたボール・・・。

 

 

少女を見た瞬間、

サァァァ・・・

と風が吹いたと同時に
見慣れたはずの山が

見たことのない村

に変わっていきます・・・。

 

 

「えっ・・・?」

 

 

友里恵が驚いていると
少女は口を開け、話し始めました。

 

 

「私はこの村の最後の巫。」

 

「アナタが来るのをここで、ずっと待ってたの。」

 

 

「ねぇ、友里恵・・・」

 

 

一度も会った事もないのに、
なぜか自分の名前を知っている少女。

 

 

少女の横には、巨大な御神木。

 

御神木の根本には
ぐちゃぐちゃに壊れてしまってる社・・・

 

 

友里恵が遊んでいたボールがぶつかって
社が破壊され、結界が破られたのでした。

 

 

急に友里恵のまわりを霧が包み込みます。

 

「え?」

 

「巫女さんっ!!」

 

少女を呼んでも返事はありません。

 

霧が晴れて見えた景色は
さっきまでいた山ではなく、

今までに見たことのない世界。

 

友里恵は守られていた結界を
壊してしまったせいで、

恐怖が待ってる世界へ
迷い込んでしまっていました。

 

 

「うわぁ!」

 

 

友里恵の目の前には、

青い肌、大きな1つだけの眼球。

尖ってる耳、
牙が飛び出た大きい口・・・。

 

異形の生物を見た友里恵。

 

「に、人間じゃないっ!」

 

友里恵の驚く声で目覚めた男。

 

「そりゃ中津国じゃないから、鬼だっているさ。」

 

「えっ?お、鬼!?」

 

「ここは黄泉比良坂の端。九十九神の船着き場だ」

 

聞いたこともない
難しい謎の言葉ばかりを話す青鬼。

 

鬼と会話していること自体、友里恵には信じられない出来事。

 

しかも鬼は、

 

「ここは、魂が行き着く場所だ・・・。」

 

死んだ人間の魂がたどり着く場所だというのです。

 

 

死んだつもりもないし、悪いコトをしたつもりもない。

 

友里恵はこんな場所から1秒でも早く
元の場所に帰りたいのです。

 

元の世界に戻る方法を知らない鬼。

 

「じゃあ、高天原に行くんだな。」

 

高天原には友里恵と同じく、

神隠しに遭った娘が大勢いる。

と言うのです。

 

元の世界へ戻る手がかりを探しに、
鬼の舟に乗って「高天原」という島へ向かう友里恵。

 

 

鬼に襲われるも
なんとか高天原に到着した友里恵。

 

レ◯プされかけた鬼から必死に逃げ、
陸にいた男に助けを求めるも、

その男の正体は
「女専門の人買い」
だったのです・・・。

 

買われてしまった友里恵は
意和戸という競り会場に連れてかれ、

数百人いる八百万の神の前で
裸にされてしまいます・・・

 

人買いの正体は人間ではなく蛇の妖怪

 

髪の毛を蛇に変え、
友里恵のマ◯コに蛇を挿れていきます。

 

蛇でマ◯コを刺激され、
気持ち良くなんてなりたくないのに
意思とは逆に気持ち良くなってしまいます。

 

 

「さぁ皆様、競りの開始です!」

 

 

競り落とされてしまった
友里恵の処女は

次の日の夜、神様に

捧げてしまうのでした・・・

 

八百万姦(やおよろずかん)
~異界で処女を競り落とされて~
人気急上昇中エロ漫画!
異界に迷い込んでしまった
処女の女子大生が
八百万の神を相手に肉体で奉仕していく!

300年間、
神々に奉仕しないといけない
少女の運命は・・・

無料立ち読みはこちら
 画像をクリック! 

ComicFesta:【AC】八百万姦~異界で処女を競り落とされて….ver1.2.1

 

→「八百万姦~異界で処女を競り落とされて」もっと詳しくまとめたページはこちら