八百万姦~異界で処女を競り落とされて-コミックフェスタ-友里恵-4話

八百万姦(やおよろずかん)
~異界で処女を競り落とされて・・・~
4話ネタバレを紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら
▼ 画像をクリック! ▼
ComicFesta:【AC】八百万姦~異界で処女を競り落とされて….ver1.2.1

八百万姦
~異界で処女を競り落とされて・・・~

八百万姦~異界で処女を競り落とされて4話ネタバレ

「八百万姦~異界で処女を競り落とされて・・・4話は、

 

八百万姦~異界で処女を競り落とされて-コミックフェスタ-友里恵-4話

 

 

蛇男に買われ、「紅華屋」という
小屋に売られてしまった友里恵。

 

 

この先300年間、
八百万の神々を相手に

「神招きとしてカラダを使った奉仕」

をしないと、
紅華屋から解放されない事を告げられます。

 

「私、ここで働く気なんかないから!」

 

紅華屋の主人に必死に抵抗する友里恵。

 

「買われたこと」を証明する為に
肩に焼き印を押されてしまうのです。

 

無理に逃げ出そうとすると、

浮浪者として
飢餓と絶望に苦しむしか
生きてく道はないのです。

 

 

もっと残酷なことに
友里恵が今いるこの世界は、

年を取って死ぬことすら
出来ないのです・・・

 

(完済するまでの300年間、毎晩神々相手に抱かれないといけない友里恵。絶望という言葉しか、頭に浮かんできません・・・)

 

八百万姦~異界で処女を競り落とされて-コミックフェスタ-友里恵-4話

八百万姦~異界で処女を競り落とされて4話あらすじ

 

八百万姦~異界で処女を競り落とされて-コミックフェスタ-友里恵-4話

 

 

「んんっ・・・」

 

「あれ?」

 

 

布団で目が覚めた友里恵。

 

「昨日の出来事はやっぱり夢だったんだ・・・。」

 

安心したのは一瞬のこと。

 

布団の横に置いてある
破れた自分の服を見て、

 

意和戸で蛇男に全身を舐められ
大勢の八百万の神の前でイカされ、

猪神様に
たった6両で落札された・・・。

 

忌々しい記憶が
鮮明に頭の中に蘇ってくるのです。

 

 

「おっ!」

 

「起きたんだ!」

 

 

友里恵の部屋にやって来た女の子。

 

名前は巴(ともえ)。

 

あの時、ボールを失くした裏山で出会った「少女」になんとなく面影が似ています。

 

 

「昨日は大変だったみたいだね~」

 

 

「だ、誰ですかっ?」

 

 

持ってきた荷物の中から食事を出す巴。

 

 

「あんまり時間がないから、食べながら説明するね。」

 

「どっこいせ」

 

巴は友里恵の横に座って、

今何が起きてるのか何もわからない友里恵に色んな事を教えてあげます。

 

 

「私に名前は巴。」

 

「あんたと同じで、この紅華屋に売られてきたの。」

 

「もう長い間、ここで働いてるんだ。」

 

 

巴の年齢は友里恵と同じくらいか
少し年上のお姉さんの雰囲気。

 

 

「あんた、蛇の女衒に買われたんでしょ?」

 

 

「あの男はこの紅華屋の専属の女衒なんだ。」

 

 

「意和戸で買い手が決まれば、皆ここに送られるんだよ。」

 

 

「で、今日は・・・」

 

 

「あんたの契約の日。」

 

 

「はい、これに着替えて。」

 

 

巴は荷物の中から友里恵の着物を取り出し、友里恵に手渡します。

 

桃色の身分が低い庶民が着る安そうな着物。

 

 

着替え終わった友里恵。
巴と一緒に主の部屋へ歩いていきます。

 

 

主の部屋へ向かう途中、何も喋りません。

 

 

「主様、巴です。」

 

 

主の部屋に着いた2人。

 

 

「友里恵を連れて参りました。」

 

 

襖を開け、部屋に入る巴と友里恵。

 

 

「ご苦労、下がれ。」

 

 

主がそう言うと、巴は部屋の隅っこに座りました。

 

 

 

「そちが友里恵か?」

 

 

主は白髪頭で鼻下と顎に立派な髭を蓄えた老人でした。

 

小太りでいかにも、

妓楼の主。

という見た目。

 

 

昨夜みたいな思いは二度としたくない・・・。

 

 

「私、こんなトコロで働く気なんてないからっ!」

 

 

友里恵は精いっぱいの抵抗をします。

 

 

「それは無理な話じゃの・・・」

 

 

にっこりと穏やかに笑いながら、

「友里恵の願いは通用しない。」

とやんわり教えてあげる主。

 

 

「そちにはすでに、多額の投資をしておる。」

 

 

「ここから出ていくのなら、頭金を返済してからじゃ。」

 

 

すでに友里恵の為に、

 

着物代、部屋代、
蛇男への報酬・・・

 

 

多額の費用を投資してる主。
友里恵をここで働かせて
投資金を回収しないとならないのです。

 

 

「お前は今日から名前を百合と改め、八百万の神々を神招きとして労われ。」

 

 

「神招きって何よ!」

 

 

この異界に来てから、
知らない言葉ばかり聞かされている友里恵。

 

 

「神」という言葉が入っているから
高貴な仕事かと思いきや、

 

 

神招きとは、

自分自身のカラダを使い、神様を気持ち良くさせる仕事

だったのでした。

 

(「八百万姦~異界で処女を競り落とされて」4話ネタバレは後編に続きます。)

 

八百万姦
~異界で処女を競り落とされて~

無料立ち読みはこちら
▼ 画像をクリック! ▼
ComicFesta:【AC】八百万姦~異界で処女を競り落とされて….ver1.2.1

八百万姦~異界で処女を競り落とされて4話ネタバレ後編

 

八百万姦~異界で処女を競り落とされて-コミックフェスタ-友里恵-4話

 

 

友里恵が困ってる間も、
紅華屋の主は話しを続けていきます。

 

 

しかも友里恵にとっては、
残酷な内容を・・・

 

 

「なぁ~に仕事と言っても・・・」

 

 

「己が身を売るだけの簡単な仕事じゃ。」

 

 

 

「300余年も働けば、完済出来るじゃろ。」

 

 

 

「死ぬまで働けっていうの?」

 

 

「絶対に無理!」

 

 

「絶対にそんな事はしないからねっ!」

 

 

私はこんなトコロで働く気はないし、早く元の世界に戻りたいの!

 

 

鬼の舟に乗っていた時みたいに、
強気な態度で話していく友里恵。

 

 

友里恵の生意気な態度に怒った主。

 

友里恵に近づき
着物の肩の部分をぐいっとずらし、肩を少し露出させます。

 

 

「ちょっと、やめてっ・・・」

 

 

主が友里恵の肩に手をかざすと、

しゅぅぅぅぅぅ・・・

肩は赤く焼け
熱さと痛みでその場に座り込んでしまうのです。

 

 

「調子に乗るな!」

 

 

「金で買われたお前に、拒否する権利すらない!」

 

 

 

主が手をかざしたトコロには、勾玉が2つ。

 

 

「契約の締結印じゃ。」

 

 

「金を全部返し終わるまで、お前は高天原から出る事は出来ない。」

 

 

カラダに焼き印を押され、
涙を流して悔しがる友里恵。

 

 

「そんなの無効に決まってるでしょ!」

 

 

印を刻まれてもなお、抵抗する友里恵。

 

 

主は友里恵の口を手で力いっぱい押さえ、何もしゃべれないように押さえつけます。

 

 

「ふごふごっ・・・」

 

 

「ならば、そのままお前を放り出そうか!」

 

 

「高天原で浮浪者として飢餓と絶望に苦しみながら、永遠に生き続けろ!」

 

 

生身の状態で
高天原に放り出されれば
生き地獄
を味わうことになってしまう友里恵。

「わしには逆らえないと思え!」

抵抗し続ける友里恵に
怒り狂う主は、

友里恵のカラダを堪能していく・・・

八百万姦
~異界で処女を競り落とされて~

4話本編無料立ち読み
こちら
▼ 画像をクリック ▼

【ComicFesta】【AC】八百万姦~異界で処女を競り落とされて….ver1.2.1

次回の「八百万姦~異界で処女を競り落とされて」ネタバレはこちら

 

八百万姦
~異界で処女を競り落とされて~

タイトル
怖かったはずのに…
毛深い手の愛撫に、気づくと私は濡れていて…

→5話ネタバレはこちら

 

前回のネタバレを見てみたいという方はこちら

八百万姦
~異界で処女を競り落とされて~

タイトル
蛇に絡みつかれ蠢かれ…
見られてるのに、もう我慢できない!

→3話ネタバレはこちら

 

八百万姦
~異界で処女を競り落とされて~

4話本編無料立ち読み
こちら
▼ 画像をクリック! ▼
[ComicFesta]【AC】八百万姦~異界で処女を競り落とされて….ver1.2.1

こちらのページで
「八百万姦~異界で処女を競り落とされて」最新話まで全話ネタバレをまとめています。

 

→八百万姦~異界で処女を競り落とされて全話ネタバレまとめ

 

最後まで
「八百万姦~異界で処女を競り落とされて4話ネタバレ」にお付き合い頂きまして、ありがとうございました!